ほくろ除去や豊胸手術は美容皮膚科で|スキンのスペシャリスト

美容

乳房再建について

白い歯

乳房再建とは乳がんなどにより、失なってしまった乳房を手術によって取り戻すものです。乳がんを摘出する際に行う方法もあれば、手術後に行う方法もあります。こうした再建手術は、乳がん患者の強い味方となっているのです。

Read More

ほくろを取る方法

泣きぼくろは魅力的ですが、場合によっては邪魔な時も。ほくろ除去は皮膚科の中でもおすすめのクリニックを利用しましょう。

レーザー治療の特徴について

女性

顔などの目立つ部位にほくろがあると、それが大きなコンプレックスになってしまう可能性があります。ほくろが自分のチャームポイントになっていると思えるような状態であればよいですが、大きなほくろが気になって、人前で顔を上げるのを避けてしまうようになっている場合は、ほくろ除去治療を受けた方がよいです。ほくろ除去治療は皮膚科や美容外科で受けることができます。昔はメスでほくろを切除したり、筒状の器具でほくろをくり抜いてしまう治療が主流になっていましたが、最近では高周波やレーザーを用いたほくろ除去手術が行われるようになってきました。確実にほくろ除去したいと希望している場合はメスを用いる切除手術を受けるのが一番です。ただし、ほくろが大きくて切除の傷跡が目立ってしまいそうな場合は、レーザー治療の方が適しています。

一昔前までの皮膚科では、ほくろを切除したりくり抜いたりする治療しか行われていませんでしたが、最近になってレーザー治療を導入する皮膚科が増えてきました。一口にレーザー治療と言っても、皮膚科の場合は、保険が適用されるレーザー治療と保険適用外のレーザー治療の2種類が用意されています。保険の適用を受けることができるかどうかでかかる費用が大きく変わってきますので、事前によく確認してみるようにした方がよいです。また、レーザーには、水分に反応する性質を持つレーザーと色素に反応する性質を持つレーザーがあります。水分反応系レーザーの場合は、レーザーの力でほくろの組織を蒸散させてしまうことができます。一方、色反応系レーザーにはほくろを削り取るような力はありません。色そのものを消失させる効果しか得られませんので、根が深いほくろの除去には適していません。使用するレーザーの種類によって得られる治療効果が全く違ってきますので、医師から十分な説明を受けるようにすることが大切です。

最適な方法

美容

見た目や手触りに違和感のないバストを作ることができるという理由で、脂肪注入法やヒアルロン酸注入法による豊胸手術を受ける人が増えています。再生医療を利用した豊胸手術の研究が進められています。

Read More

大阪で受ける

女性

多くの人や多くの医療施設が集まる大阪で美容整形クリニックを探すなら、電話かネットを利用する方法があります。脂肪吸引の注意点を守る事で、体の負担を減らし安全性の高い治療となるため、きちんと行う必要があります。

Read More